スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安全性は妥当」

大飯原発:「安全性は妥当」福井県原子力委が結論
毎日新聞 2012年06月11日 12時04分(最終更新 06月11日 12時27分)

【免震棟、9原発で未整備 安全対策遅れ浮き彫り】
原発事故が起きた際に現場の対応拠点となり、東京電力福島第1原発事故でも活用されている免震重要棟について、
全国17カ所の原発のうち9カ所で現在も設置されていないことが13日、電力各社への取材で分かった。
史上最悪レベルとなった福島の事故後も電力会社の安全対策が進んでいない現状が浮き彫りになった。

このうち関西電力では、福井県内に保有する大飯(おおい町)、美浜(美浜町)、高浜(高浜町)のいずれでも免震棟がない状態が続いている。
大飯3、4号機では2016年3月末までに、美浜、高浜は17年3月末までに完成予定。(共同)


原子力マフィアの巨大且つ強力な圧力。
福一の事故なんぞ、なかった事に!?

この国の未来“子供や孫”まで押し付けるのですか?
責任ある立場の人々に真剣に考えて欲しい。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。