スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯再稼働:首相「私の責任で判断」…関西広域連合が容認

政府は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を近く最終決定する方針を固めた。
電力消費地や周辺自治体でつくる関西広域連合(連合長=井戸敏三・兵庫県知事)の同日の会合で、再稼働に大筋で理解を得られ、
原発が立地する福井県が求めた「電力消費地の理解」などの条件をほぼ満たしたと判断した。
野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は来月初めにも会合を開き、決断する。

首相と関係3閣僚は30日、首相官邸で会合を開いた。
首相は、細野豪志原発事故担当相から同日の広域連合との会合について報告を受け、「関係自治体からは一定の理解は得られつつある。
国民の負担増抑制などのため安全が確保された原発は再稼働させる必要がある。
福井県とおおい町の判断が得られれば、私の責任で最終判断したい」と述べた。

これに先立ち、西川一誠知事は再稼働について「首相が国民に向かって明確な責任ある見解を述べることが重要だ」とコメントしており、首相はこれに応えて発言した形だ。続き


“福一”の人的事故、原因解明や事故調の結果すら未発表。
更には“規制庁”発足も先送り、運転再稼働の基準が旧体化した安全基準。

「私の責任で判断」…今後、責任を謳うものに対し法改正が急務では?。
事故調がいい例…『表現と受け共側の相違』や『責務有る担当者の無責任振り』
とてもじゃないが この状況下での再稼働 理解不可能だ。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。