スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任回避。

大飯再稼働:橋下市長、一転「事実上容認」 前日発言翻し
毎日新聞 2012年05月31日 12時00分(最終更新 05月31日 13時24分)

大阪市の橋下徹市長は31日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、
「基本的には認めない」としていた前日の発言を翻し、「事実上、容認する」と明言した。
ただ、「期間限定(の再稼働)は言い続けていく」として、秋ごろをめどに運転停止を求める考えを示した。

橋下市長は市役所で記者団に、「上辺ばかり言っていても仕方ない。事実上の容認です」と語った。
これまで大阪府・市のエネルギー戦略会議などでは、再稼働しなくても電力は足りるとする趣旨の議論が
展開されてきたが、「足りるというのは個人の意見だ。きちんとしたプロセスで確定した数字は前提にしなければならない」とも発言。

政府が今夏、関西で15%の電力不足が生じると試算していることを踏まえ、「この夏をどうしても乗り切る必要があるなら、再稼働を容認する」と述べた。
また従来、「安全が不十分な状態での再稼働はあり得ない」と繰り返していたが、「机上の論だけではいかないのが現実の政治だ。最後は有権者に判断してもらったらいい」と説明した。


反対のバルーンを上げていたが…
いざ夏季に、関電の自作自演の電力不足から 関電供給エリアの電力ダウンの際 叩かれる事の回避。
姑息な橋下氏らしい発言だ。
スポンサーサイト

テーマ : 脱原発 - ジャンル : 政治・経済

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


再稼働容認の橋下氏 敗北発言

まあ、しゃーないか [ふっ/]橋下市長を中心とする維新の会は国政敵に回しても屁でもないだろうし、むしろ国民から喝采浴びることも多いんでイケイケだろうけどさ [ニヤリ/]経済界まで敵に回して孤立すんのマ...


| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。