スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい見逃してしまった

福島知事、拡散予測つい見逃した 国会事故調で

福島県の佐藤雄平知事は29日、国会の東京電力福島第1原発事故調査委員会に参考人として出席し、
緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算結果が県に届きながら、
データが削除されたことについて「ついつい見逃してしまった」と釈明した。

聴取は福島市内で、公開で行われた。県は昨年3月12~16日の間、試算結果のメール86通を受け取りながら、職員がメールを削除していた。

佐藤知事は冒頭「共有が不十分で、県民に大変ご心配をかけた」と反省の弁を述べた。委員から情報管理の方法を問われると「(他にも)いろいろな資料が来ていた」「国から指示が来ると思っていた」などと弁明。

(共同)


当時、国のトップや国政の担当、自治体トップ 電力会社会長のコメントで・・・
連日報道に上がるのは自己責任回避“詭弁”だけ。

余りにも無責任だよね!

こんな無責任な連中に、その責を任せていた一国民として情けない。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。