スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1千平方キロ「永遠に規制」 チェルノブイリ原発周辺

【国際】
【モスクワ共同】26年前に大事故を起こしたウクライナ北部チェルノブイリ原発から半径約30キロ圏内に設けられた立ち入り制限区域を
管理する非常事態省関連機関の高官は24日、首都キエフでの記者会見で「同区域の約半分は永遠に立ち入りが制限される」と述べた。
インタファクス通信が報じた。

同区域は正確な円形ではなく、面積は計2千平方キロ。
このうち東京23区の約1・6倍に相当する約1千平方キロの立ち入りが将来にわたり規制されることになり、事故の影響の大きさをあらためて示した。 2012年4月24日 23時50分


さて、本題はこの国の処置。

001.jpg


福島避難区域:3市村先行し再編 立ち入り禁止解除
毎日新聞 2012年03月30日 21時26分(最終更新 03月30日 23時27分)
政府は30日、東京電力福島第1原発事故に伴い避難区域に指定している福島県の11市町村のうち、
田村市と川内村を4月1日に、南相馬市を16日に見直すことを正式に決めた。
現行の2区分から新たな3区分への再編を先行して実施。原発から半径20キロ圏内で立ち入りを禁じていた警戒区域の指定を解除し、
放射線量の比較的低い地域への立ち入りを認める。

30日夜、首相官邸で開かれた、政府の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)で決定した。
これにより、住民の早期帰還や事業所の再開に向けた準備作業が一部地域でできるようになる。
政府は除染やインフラ復旧、住民の早期帰還に向けた取り組みを加速させたい考えだ。


記事内容から察するに『除染(事実:放射性物質の拡散)』や『インフラは非復旧』。
こんなずさんな状態で『立ち入り解除』って…理解不能だ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。