スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“千年に一度”と言う詭弁

【コラム】 筆洗

原発の事故を「想定外」と言いたいからか、間もなく一年を迎える大震災を「千年に一度」の巨大地震と強調する向きもあるが、

三陸の漁師たちの受け止め方は違っていた
▼「明治、昭和に続いて三回目だから四十年に一回なんだ。チリ地震も入れたら、三十年に一度、
大津波が来てるんだよ」。巨大防潮堤で知られる岩手県宮古市田老地区の漁師の言葉だ

▼ここでは、建物の七割が流され、二百二十六人が犠牲になった。
震災から三週間後の昨年三月末に訪れると、がれきの中を自衛隊の車両が土煙を上げて走り回り、
不明者の捜索が続いていた

▼住民を守れなかった高さ十メートルの巨大防潮堤を最大一四・七メートルまでかさ上げし、再整備する計画が持ち上がっている。
高台に集団移転するのか、現地再建を目指すのか、住民たちも揺れている

▼一年ぶりに再訪すると、何も残っていない街の中心部に、漁具を置く小屋が立っていた。
港の近くに拠点を置きたいと、漁師の佐々木秀夫さん(31)が流された自宅のあった場所に建てた

▼昨年、三陸名物の養殖ワカメは収穫する直前、津波にさらわれてしまった。
今年の収穫は間もなく本格化する。佐々木さんによると、生育は順調のようだ。
「動いていれば何か結果が出ます。
失敗したって、経験としてはプラスになるんです」。脱サラして漁師になった若者は、前だけを向いていた。


本文から、話は異なるが・・・
以前から疑問に思う事が、政府が進める“ジョセン”作業。

東京電力“福島第一原子力発電所”の人災事故により、広範囲に拡散した放射線物質。
物理的に、減少はしない。

例えば・・・各住戸の瓦やスレート葺きの屋根や庭、畑等を高圧洗浄機を使用し“ジョセン”作業を行う。
蓄積した放射性物質は、雨どい→雨水配管→雨水桝→雨水処理施設(簡易処理後)大半が太平洋に流入する。

各住戸の数値は減少傾向だが・・・物理的に放射性物質は減少しない。
結果、その放射性物質が移動しただけ。

政府が進める“ジョセン”は放射性物質の更なる拡散作業だ。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。