スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『稼働ありき。』大飯原発:経産相、今週末に福井へ…政府打診 再稼働問題

定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題で、
政府が、今週末にも枝野幸男経済産業相を福井県に派遣する方向で同県に打診していることが分かった。
打診を受け、県側は会談の日程調整を始めた。

 枝野経産相は西川一誠知事と会談し、原発の安全性に関する判断基準の内容を説明し、
再稼働に理解を求める。
関係者によると、同日、県議会議長らとも会談するという。

 ただ、県関係者は「要請に来てもらっても、その場で再稼働について判断するわけではない」としており、
県は、県議会の議論や、有識者による県原子力安全専門委員会の助言を受けて、
再稼働の可否を判断する見通し。【安藤大介】毎日新聞 2012年04月09日 15時00分


福一の人的起因による重大な事故検証も終わらずして、現在停止中の原発再稼働。
元々の方向性は“稼働ありき”だ。
昨今の政府の動きは、その“稼働”の理由付けでしかない。

起因は…巨大な“原子力カムラ”の力。

なんとも、情けない国家だ。
一部既得権益の連中の為に、国民が危険にさらされる。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。