スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】

筆洗 東京電力柏崎刈羽原発6号機が定期検査で運転を停止し、
五十四基の原発のうち、動いているのは一基だけになった。
原発が止まったら大変なことになる、と経済界はさんざん脅してきたが、どこかで停電が起きたわけではない
▼東電管内でも、原発ゼロで今年の夏を迎える。でも、恐れる必要はない。
電力不足キャンペーンが執拗(しつよう)に繰り広げられた昨年の夏を乗り切り、原発依存社会が虚構であると分かったからだ
▼火力発電所の燃料コストが増えたから、電気料金を上げざるを得ないという主張も欺瞞(ぎまん)だ。
液化天然ガス(LNG)の取引価格は、大きく値下がりしている。
問われているのは、安く燃料を買う努力を放棄した電力会社の姿勢なのだ
▼政府や電力会社は懲りずに電力需要に大きなゲタをはかせるだろう。そのうそを見破ろう。
ピーク時の電力を分散する知恵も絞りたい。例えば、夏の高校野球の全国大会は開催を秋にずらしたらどうだろう
▼東電への追加融資の条件として、メガバンクは原発の再稼働を挙げている。
今後、事故が起きた場合、自らが背負う重大な責任を自覚しているのか、大いに疑問だ
▼財界や大銀行が原発の再稼働を強く主張する一方、中小企業の経営者が集まった脱原発のネットワークが、急速な広がりを見せている。自然エネルギーの自給自足を目指す地域の熱意を強く支持したい。


LNG購入コストが嵩むとは“強力で巨大な原子力推進派”の単なる詭弁。
商材のスポット購入はコスト高になるの当たり前の事だ。
自責さえも考慮の無いいち私企業に膨大且つ巨額な資金投入。
今後の経営方針の改善はいまだに無い。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。