スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電、15m超の津波も予測…想定外主張崩れる

東電、15m超の津波も予測…想定外主張崩れる

東京電力が東日本大震災の前に、福島第一原子力発電所に従来の想定を上回る10メートル以上の
津波が到来する可能性があると2008年に試算していたことが政府の事故調査・検証委員会で
明らかになった問題で、東電は同じ試算で高さ15メートルを超える津波の遡上(そじょう)を予測していたことが24日わかった。

大震災で同原発は、14~15メートルの津波に襲われたが、「想定外の津波」としてきた東電の主張は、
15メートル超の遡上高の試算が明らかになったことで崩れた。

東電は試算結果を津波対策強化に生かさず、
大震災4日前の今年3月7日に経済産業省原子力安全・保安院に対し報告していた。

東電によると、国の地震調査研究推進本部が02年7月に新たな地震の発生確率などを公表したのを受け、
東電は、08年にマグニチュード(M)8・3の明治三陸地震(1896年)規模の地震が、
福島県沖で起きたと仮定して、福島第一と第二の両原発に到達する津波の高さを試算した。

snap0743.jpg

第一原発の取水口付近で高さ8・4~10・2メートルの津波が襲来。津波は陸上をかけ上がり、
1~4号機で津波の遡上した高さは海面から15・7メートル、
同5・6号機で高さ13・7メートルに達すると試算した。(2011年8月25日10時31分読売新聞 )

想定内の想定外って事が暴露された訳だ。

周知の通り、3.11の震災は“天災”だ。
が・・・福島第一原発の事故は“人災”以外のなにものでもない。

上記“人災事故”発生以降、東電首脳部はひたすら“想定外”をオウムの様に繰り返してきた。

悔しいのが・・・
我が家の電気供給元は“東電”だ。
その忌まわしき企業から電力供給を受る以外の選択肢がないのが、普通の人間として 悔しい。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。