スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“トイレの無い住宅”

フィンランド国内の地下500メートルで今、「オンカロ」と呼ばれる巨大施設の建設が進められている。
フィンランド語で「隠し場所」の意味。世界初となる放射性廃棄物の最終処分場の名称である。

原子力発電所から出される「核のごみ」は、危険性が10万年にわたり続くといわれる。そこで、
地中深くの固い岩盤内に永遠に閉じ込めてしまおうという計画だ。

オンカロ処分場を取材したドキュメンタリー映画『10万年後の安全』(2010年、マイケル・マドセン監督)を見た。

地下要(よう)塞(さい)のような建設現場にカメラを入れ、関係者へのインタビューを通し、
危険性を未来にどう伝えるかを問い掛ける。

10万年は途方もなく長い。その間、地殻変動が起こる可能性は十分あるし、
未来人が現在の言葉を理解するかどうかも分からない。

人間は好奇心の強い動物だ。宝物だと思い物騒なタイムカプセルを開けてしまったら…。
もっと怖い話がある。日本は最終処分場をどこにするか決めていない。核のごみの「隠し場所」すらないのだ。

仙台では青葉区のフォーラム仙台で公開中(最終日未定)。 2011年05月25日水曜日 河北抄

日米の合同協力下にて甘い呼び水で、モンゴル国内に最終処分場建設のニュースは記憶に新しい。
先ず、各発電の依存率から話そう。

火力、水力の稼働率を下げ、原発の稼働率を上げる事により 数字的には、意図とする数字になる。
また、発電コストは最終処分等の考慮なく 建設、運用コストのみを算出対象にすれば、これも意図的な数字。

例えばこんな世論調査だとしよう。
『原発廃止についてのアンケートです。

先日の様に、皆様が多大な不便や危険を経験する様な 輪番停電が起る可能性が有りますが・・・
現在、国内では 原発の発電依存度30%です。昨今CO2が起因の温暖化が世界的な問題です。温暖化を防ぐ為にも原発の停止、前記の様 停電しても原発が不必要ですか?』

具体的なターゲットの対象“平日09:00~15:00、一般回線利用の電話アンケート。”
ザックリと、除外対象者は平日この時間帯に外部で業務に付いている人、非一般回線所有者。

回答1:今後も原発は必要。

回答2:どちらかと言うと、今後も原発は必要。

回答3:原発と他発電が必要。

回答4:どちらとも言えない。

回答5:原発は不必要。

ハイ!“Y's LABO新聞社”の世論調査結果は“原発必要が70%を越えました。
こんなもんだよ、世論調査の実情なんてね!

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。