スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“創造力・想像力”の欠落。Ⅲ“神の仕業”

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相
与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、

東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。
同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、
東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。

今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。
「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、
「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ時事ドットコム (2011/05/20-11:12)

あのさ、与謝野経財相はどんな信仰や宗教を信仰しているかは個人の問題で構いません。

ただ、問題なのは公人としての公式コメント。
本当に”神の仕業”と思っているなら、即時 辞任すべきだね。

それと「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」
過信、慢心だよ!想定外なんて発言も然り。

”人間として最高の知恵”なんて・・・
所詮 地球・宇宙規模から見れば、人類・人間なんて”アメバーやミトコンドリヤ”程度の存在だよ。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。