スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然?

「もんじゅ」来年度後半にも試験運転が再開可能

文部科学省が研究計画の見直しを進めている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、日本原子力研究開発機構は、
8日の作業部会で、設備の点検計画などから、技術的には2013年度後半には試験運転が再開できるとの見通しを示した。

ただし、原子力規制委員会がもんじゅ敷地内にある断層の調査を予定している。
同機構は「地元の理解や原子力規制委の調査結果を踏まえて、文科省と具体的な再開時期を決めたい」としている。

同機構によると、試験運転停止中のもんじゅについて、来年夏頃までに設備を点検、その後運転再開の準備を約4か月行うとしている。

(2012年11月9日14時53分 読売新聞)


初代科学技術庁長官は周知の通り『正力松太郎』。
52代長官が『田中眞紀子』。

偶然にも『もんじゅ』と田中真紀子。
雲隠しは『大学新設不認可:田中文科相「新基準で再審査」』とかか!
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。