スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西の節電―大飯を止めて検証を

関西の節電―大飯を止めて検証を

夏の電力需要がピークを越えつつある。とくに逼迫(ひっぱく)が心配された関西電力管内も、計画停電なしに乗り切れそうだ。

8月17日までの関西の電力使用量(ピーク時)を10年夏と比べた節電率は約11%だった。
今月7日までの節電期間中、政府や関電が要請した「10%以上」の目標を達成する見込みだ。

家庭の節電率が、昨年の3%から11%へと拡大したことが大きい。節電の習慣をぜひ定着させたい。

関電の供給力は連日250万キロワット以上余裕があり、
計算上は大飯原発3、4号機(計236万キロワット)を再稼働しなくても乗り切れたことになる。

もちろん古い火力発電所を急きょ復旧させたことや、他社からの電力融通があってまかなえた部分はある。
関電は「大飯の再稼働で計画停電のリスクを低減できた」と説明する。

しかし、企業から節電分を買いとるネガワット取引など、逼迫時に準備している対応は一度も発動されていない。

政府の需給検証委員会は5月、関西の電力が15%不足するとしていた。
節電の努力を過小評価していなかったか。
水力や揚水発電の供給見込みは妥当だったか――。
電力会社の情報をもとに、不足分を過度に見積もっていなかったかどうかを、徹底的に検証すべきだ。

このままでは、原発の再稼働のために需給予測を厳しく算出したとみられても仕方ない。

政府は、原子力規制委員会の発足を待たず、暫定的な安全基準をつくって駆け込み的に大飯の再稼働に踏み切った。

夏の需要に対応して再稼働した以上、ピーク期を過ぎれば停止させるのが筋だ。

関西広域連合は先月、原子力規制委員会がつくる新たな安全基準のもと、大飯の安全性を再審査するよう求めた。

橋下徹大阪市長のブレーンでつくる大阪府市エネルギー戦略会議も、
節電期間終了後の速やかな大飯の停止を求め、政府に声明文を送る方針だ。

こうした声に政府や関電は真剣に耳を傾ける必要がある。

電力需要が高まる季節は冬と夏に周期的にやってくる。
需給検証委員会を常設化して精緻(せいち)な需給予測を立てるとともに、根本的な電源対策に取り組むことが、コスト面でも不可欠だ。

大阪府・市は脱原発社会実現への提案を練っている。
関電や経済界も、客観的なデータを出して議論に加わってはどうか。
電力供給を安定させ、安全で持続可能な社会を実現させることは、共通の目標のはずだ。


この国に欠落している重大な事。
『過去の検証』では?!
スポンサーサイト

テーマ : 脱原発 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。