スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木県のケース。

栃木の処分場、矢板に 原発事故の指定廃棄物

横光克彦環境副大臣は三日午前、栃木県庁で福田富一知事と会談し、東京電力福島第一原発事故に伴い栃木県内で発生した、
一キログラム当たり八〇〇〇ベクレル超の「指定廃棄物」の最終処分場を、同県矢板市塩田大石久保の国有地に建設したい意向を伝えた。
二〇一四年度中の完成を目指し、地元住民への理解を得るための協力も求めた。

政府は栃木、宮城、茨城、群馬、千葉の五県で最終処分場の建設を計画しているが、具体的な候補地を明らかにしたのは初めて。

候補地は塩谷町との境にある国有林。環境省は「水源や河川から離れ、地下水位が深く安全性で有利。
約三百メートルの距離に民家が一軒あるが、山頂を隔てて候補地とは隔離されている」などと選定理由を挙げている。

横光副大臣は会談で「処分場の構造、処分方法その後のモニタリングを適切に行い、安全性の確保に万全を期す」と説明。
福田知事は「処分場の設置は地元の理解が不可欠。丁寧な説明をお願いしたい」と、地元の同意を得た上で建設するよう求めた。

栃木県の処分場の規模は三~四ヘクタールを想定している。


“負の連鎖”の始まり…
スポンサーサイト

テーマ : 脱原発 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。