スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無作為!?

経産省、電力会社の関与調査へ 原発聴取会での社員発言

枝野幸男経済産業相は17日の記者会見で、エネルギー政策について政府が国民の意見を聞く意見聴取会で、
発言者に電力会社の幹部らが含まれていたことについて、「組織的に対応していたとすれば許されない」と述べ、
電力会社に対し、経緯を調査する考えを示した。

藤村修官房長官と「エネルギー・環境会議」を担当する古川元久国家戦略相も、
聴取会の運営方法を見直すことを明らかにした。17日中に改善策をまとめるという。

聴取会では、15日の仙台市で東北電力幹部が、16日の名古屋市で中部電力社員が、
将来の原発依存度の3選択肢のうち「20~25%」を支持する発言をした。
聴取会は8月上旬まで計11都市で開くが、意見表明は希望者から無作為、抽選で選んでいる。

枝野氏は「電力会社の代表として発言すれば、どのように受け止められるか。
感度のなさには非常に疑問を持っている」と述べた。

藤村官房長官も17日の会見で、「電力会社の方が組織を代表して意見を述べることは遺憾だ」と語った。
古川国家戦略相は、「どう改善するかを検討し、今日中に改善策を発表したい」と述べた。
次回は22日、札幌市と大阪市で開かれる予定。


危機感を抱くのは、福一人的事故後 変わらずの“原子力カムラ”の存在だ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

New

Archive

Category

Web page translation

Access counter

Link

RSS Link

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。